Profile

高梨 美幸
Miyuki Takanashi

Biography

出身校 北海道札幌市 北海道教育大学 岩見沢校 美術文化専攻(絵画) 卒業
所属 日本国際美術家協会、新北海道美術協会
Message

私は、ずっと人物をモチーフとして描いてきました。
「夜の向こうに夜がある。その夜の向こうに夜がある。朝は遠い国からやってくる。」
谷川俊太郎氏の、心に響く詩のフレーズ。ずっと、夜と朝の狭間のような、境界の曖昧な時間や移り変わりにスピリチュアルなものを感じていました。そこは、昼でもなく夜でもない時間―。夜明けに見る夢の不思議なリアルさ!?夢か現実か?―静かな人物が、昼と夜の狭間で漂っている世界を表してみたい。

移り変わる季節の中で普段感じているちょっとしたことを、身近な植物や動物のイメージに重ねて画面の中に入れるようにしています。
近年、植物の種のイメージや冬の情景が登場する作品が多かったのですが、最近の世情をとりまく環境や情勢には心が揺らされます。美しさや情緒性だけを追い求めていていいのか?という疑問がわいてくるのです。

世の中は、理不尽で不条理なものなのだろう。
傷つき生き辛さに押しつぶされそうになることもあるけれど、それらを全て飲み込んで、自然や生命への畏敬の念をベースにして、幸せを感じるような絵を描きたいと思っています。

高梨 美幸

画歴

2008年 第53回 新道展 佳作賞
2011年 第56回 新道展 会友推挙
2013年 第58回 新道展 会員推挙
2014年 高梨 美幸小品展(札幌珈琲館北野店)
2015年 高梨 美幸作品展(時計台ギャラリー)
2016年 岩見沢ゆかりの作家4人展に選ばれる(岩見沢絵画ホール)
2017年
  • 高梨 美幸個展(さいとうギャラリー)
  • 第一回プラハアートフェア国際シンポジウムに参加。
    (マスタークラスをもつ)
  • パリ サロン・ドトーヌ入選
    パリ国際サロン個展部門に推薦される。
  • パリ国際サロン 大賞受賞
  • 高梨 美幸小品展(北都館ギャラリー)
2018年
  • サハリン黒龍江省交流美術展 出品
  • 第2回プラハアートフェア国際シンポジウムに参加。
    (再び、マスタークラスをもつ)
  • 2018パリ サロン・ドトーヌ入選
  • 日本フランス国際現代美術展壁面展示(東京国立新美術館)
    (2019年フィンランド展に推薦される)
高梨 美幸 ― Miyuki Art Works

・日本国際美術家協会 会員 ・新北海道美術協会 会員

※お問い合わせ・お仕事のご依頼などは、メールフォームよりお願いいたします。

世界160カ国に繋がっているサイトで紹介してもらっています。

日本の絵画美術工芸品を紹介する日本橋Art.jpで作品の販売も行っています。